サービス内容

一般企業の参考例 報酬案内とサービス内容
医療機関の参考例 報酬案内とサービス内容

医療機関の参考例 報酬案内とサービス内容

ケース1 長年、地域に根ざした内科クリニック

【年間売上高】4,000万円 【従業員数】5名

長年、地域に根ざした内科クリニック。院長の勇退に伴い、若いドクターに事業を承継。
承継先のドクターは税務申告、税務相談はもちろん、日々の経営で生じる問題の相談、他院動向の情報などを求めて当社と顧問契約。 地域特性や景況の悪さも相まってか、収入が伸び悩み、毎月の月次監査の中で今後の方向性を模索していた。
医院の将来にわたっての課題を抽出するため、当社の医業コンサルティングメニューから「患者アンケート」「診療圏分析」をご提案し、受注。⇒増収増患への具体的取組みを開始。
提案実行後、毎月の訪問監査を通じて、取り組みの成果を確認し増収増患を進めている。

業種
医業
監査訪問の頻度
毎月1回
年間売上高
4,000万円
資本金
なし(個人事業)
従業員数
5名
経理処理
お客さま側 会計ソフトに現金出納帳・預金出納帳を入力
月額顧問料
40,000円
決算料
200,000円(消費税免税事業者 → 消費税申告なし)

以下オプション

年末調整関連・償却資産申告手数料
40,000円(住民税申告含む)
患者アンケート
90,000円(顧問先特別価格 通常価格は150,000円)*1
診療圏分析・簡易版
70,000円*2

*1 患者200名分。回収・集計・分析含む
*2 推計患者数(年齢別・地域別)推計データに対する分析含 ただし、オプションのうち「年末調整関連・償却資産申告手数料」以外には注意書きを付記

ケース2 開業後順調に患者を増やし、医療法人化した整形外科クリニック

【年間売上高】2億円 【従業員数】15名

開業後順調に患者を増やし、医療法人化した整形外科クリニック。
業務量の増加等に伴うスタッフトラブルが頻発。 院長の日々の診療における多忙や、スタッフ採用・育成にあたっての不安から、当社での人事支援を依頼。
スタッフの採用に関しては履歴書の受付、面接立会、採用可否のアドバイス等。
スタッフ採用後は、院長の診療方針をスタッフに浸透させること、接遇の標準化や向上を目的に接遇研修を実施。
採用後一定の時期を経過後、スタッフと個別面談を実施し、悩みの解決や個人課題の設定を行う。
その後、毎月の訪問監査を通じて、スタッフについての現状確認、今後の対応方法の検討を行い改善を進めている。

業種
医業
監査訪問の頻度
毎月1回
年間売上高
2億円
資本金
3,000万円
従業員数
15名
経理処理
お客さま側 会計ソフトに現金出納帳・預金出納帳を入力
月額顧問料
50,000円
決算料
350,000円(消費税申告含む)

以下オプション

年末調整関連・償却資産申告手数料
65,000円(住民税申告含む)
スタッフ採用支援
80,000円(履歴書受付、面接立会、採用可否検討)
接遇研修
50,000円(現地への当社講師の派遣形式。2時間)
スタッフ面談
40,000円(1人45分で4名。面談レポート作成含む)
ページの先頭へ

ケース3 地域医療を支える約100床の一般病院

【年間売上高】10億円 【従業員数】90名

地域医療を支える約100床の一般病院。
開業30年を超える「地盤」を持った病院ではあるが、近年、患者数は減少傾向で減収がみられる。
早期の増収増患対策を要することを確認し、自院の問題点整理や課題設定を実行した。
抽出された課題の一つに「競争に負けない為の広告活動」が挙げられ、自院の特徴を強くアピールし、他院との差別化を明確に行うため、ホームページのリニューアルを含めたプロモーション活動に着手することにした。 その後、毎月の訪問監査を通じて、ホームページリニューアルに対する患者の反応や対応の確認、他の課題の取り組み状況を検証しながら増収増患を進めている。

業種
医業
監査訪問の頻度
毎月1回
年間売上高
10億円
資本金
5,000万円
従業員数
90名
経理処理
お客さま側 会計ソフトに現金出納帳・預金出納帳を入力
月額顧問料
80,000円
決算料
530,000円(消費税申告含む)

以下オプション

年末調整関連・償却資産申告手数料
250,000円(住民税申告含む)
ホームページ作成
企画・広告活動の戦略立案・撮影など含む
(グループ会社アクティブ)
ページの先頭へ