サービス内容

アイ・パートナーズの税務顧問サービス会計監査NEXt

毎月お客様のところへお伺いし、会計・税務の仕事は勿論のこと、お客様が抱えている不安・お悩みを一緒に解決していくというワンストップ・サービス「会計監査NEXt※」
※ 会計監査NEXt(ネクスト)とは、アイ・パートナーズ独自の造語であり、従来の会計監査の在り方よりもお客様にもう一歩近づいたスタンスで望む、新しい会計監査の在り方を表しています。

税務顧問サービス

組織一丸、お客様の「経営支援」に拘る税理士事務所で在りたい

私たちアイ・パートナーズが税理士事務所として、各種税目の税務申告・税務相談等をご提供できることについては、他の税理士事務所と相違するところはありません。
しかしながら、税理士事務所が提供するサービスで最も差が出ると思われる「月次会計監査」については特筆すべき拘りがあります。
決算書や税務申告書などのアウトプットは同じように見えても、各税理士事務所によって、そのできあがりまでのプロセスには違いがあるものです。
以下に、アイ・パートナーズの税務顧問サービスのプロセスとその拘りをご紹介します。

毎月お伺いします

毎月の訪問は、会計監査の大事な基礎です。
その会計監査の成果物の最たるものが試算表です。会社の現状を知るためのたくさんの情報を提供するのが試算表の役割であり、その試算表の積み重ねが一年の決算になります。
毎月の試算表を適時・正確に作成し、会社の現状を的確に把握すること。それができなければ、せっかくの毎月の試算表も明日の経営に活かすことはできません。
私たちが毎月お客さまのところにお伺いする理由は「月次試算表」にあります。

試算表の内容を十分に説明・共有します

当社では会計ソフトによる経理を推奨しています。
お客様に会計ソフトで入力していただいた会計データから、訪問した当会計事務所の担当者がその場で試算表を作成・監査します。会計データは、担当者が会社の預金通帳、請求書、領収書、契約書等の証憑書類からその内容を精査します。
試算表の監査終了後、「当月監査の概要、数字から見える問題点、求められる対応策等」を担当者が経営者の方に説明を行い、その内容を共有します。
説明とその共有に拘るのは、会社の現状を数値で示す試算表を正確に理解できなければ、会社の未来を描くこともまた、正確にはできないからです。

ページの先頭へ

経営者とお話をします

訪問の際には、経営者の方と面談をさせていただきます。
お忙しい経営者の方にお時間を頂くのは、会社の未来を創る(経営する)のは他の誰でもない経営者だからです。会社の未来を創る、そのお手伝いをしたい― だから、私たちは経営者の方と面談をしたいのです。
面談ではまず、試算表の説明をはじめとした会計監査の報告からはじまり、その後にはさまざまなお話をさせていただきます。
業務内容について、得意先について、従業員について、等々。さまざまなお話をお聞きするのは、会社の現状を正しく理解し、経営者の方の思い(経営理念、ビジョン)を私たち税理士事務所も共有するため。現状を知り、思いを知り、私たちはお客様への経営支援を実現したいと考えます。

組織一丸で業務品質を守ります

試算表に異常点はないか、経営者面談の内容やお客様からのご依頼事項の確認等、担当者によって行われた業務内容が「組織の目」で精査されます。
アイ・パートナーズは各お客様の担当者個々だけではなく、組織一丸でお客様にかかわります。

「ワンストップ・サービス」で問題解決を支援します

経営は常に様々な問題に遭遇し、その解決を迫られていると言えます。
私たち税理士事務所は経営者の最も身近なパートナーとして、会計監査による訪問を軸にその問題の根本を理解し、当社専門チームやグループ会社との連携により解決の支援をしたいと考えています。
お客様の問題解決の一手段として、私たち税理士事務所の専門チーム、グループ会社では多彩なサービスをご用意しています。
グループ会社のサービス提供時でも、基本的な窓口は常に私たち税理士事務所。
忙しい経営者の方の時間や煩わしさを軽減できる。それがアイ・パートナーズ のワンストップ・サービスです。
さらには各種専門家との密な連携で高い専門性と相乗効果を発揮します。
税理士事務所はただの窓口ではなく、持っているお客様の情報を可能な限り活用し、最大限の情報をフィードバックする「橋渡し」の役目を担っているのです。

ページの先頭へ