お役立ち経営情報 2015年8月

監査担当者日記 〜番外・マイナンバー制度を考える②〜

会計事務所の日常とは? ※ フィクションであり、 実在する人物・団体とは一切関係ありません

運用開始目前のマイナンバー制度を前に、悩む新人の沙也。先輩、愛斗と志帆の「特別講義」が続いています。
■登場人物紹介
那須愛斗(監査部・34歳、文中:【愛】)
…顧客本位とは何かを模索し、畑違いの業種から転 職入社で3年目
宇治志帆(監査部・27歳、文中:【志】)
…容姿端麗、天真爛漫。「食い気と勝ち気が仇」を 公言にして独身
戸田沙也(総務部・22歳、文中:【沙】)
…今春、大学を卒業したばかり。英語学科出身で会 計・税務とは無縁のこれまで

小さな紙にも五分の魂

【沙】マイナンバーの利用分野は「社会保障」「税」、そして「災害対策」の3つでしたよね。具体的にはどのような場面で利用されるのでしょうか?
【愛】順次、利用開始の予定だけれど、まずは税と社会保障の手続きの面だね。
【志】来年、平成28年1月から「源泉徴収票の作成手続」「雇用保険の各種手続」がはじまるわ。同じ社会保険でも健康保険や厚生年金に関しては再来年、平成29年1月以降の利用が予定さているの。
【沙】源泉徴収票って、年末調整のころにもらえる小さな紙のことですよね。
【愛】そう、確かに小さな紙だね(笑)新人の戸田さんが言うと源泉徴収票も随分と他人行儀に聞こえるけれど。僕たち会計事務所にとっては、その作成が切っても切れない業務の一つなんだ。

マルフってギョーカイ用語?

【志】厳密に言うとね、平成28年分の給与にかかる源泉徴収票からマイナンバーの記載が必要なの。つまり今年、平成27年分の給与にかかる源泉徴収票にはまだマイナンバーは記載されないということよ。
【沙】源泉徴収票は年末調整のころに受け取りますから、平成28年末を考えればまだ1年以上はありますよね?
【志】それがそうでもないの、沙也ちゃん。退職者には年の途中でも退職金にかかる源泉徴収票は発行するケースもあるのよ。
これにはマイナンバーの記載が必要になるわ。さらに、マル扶のこともあるしね。
【沙】マルフ…、ですか?
【愛】マル扶というのは「扶養控除等申告書」のことでね。年末調整の時期に会社から社員に配布されるもので、氏名や住所、扶養家族のことなどを書く用紙だよ。
【沙】あぁ、大学生のときにバイト先で書いたことがあります!でも、それがマイナンバーとどう関係するのですか?
【志】平成28年分のマル扶には、社員やその家族のマイナンバー記載欄が用意される予定なの。そもそもマル扶はね、「その年の最初に給与の支払を受ける日の前日まで」に記入をして会社に提出することになっているの。ということは?
【沙】…平成28年の年明け早々には社員のマイナンバーが必要になる…?
【志】正解っ!そういうことよ。

2つのカード

【愛】そんなワケで、会社はこの年末年始のあいだには社員からマイナンバーを取得することになるんだ。
【沙】マイナンバーは今年の10月から、各個人に通知がはじまるのでしたよね?
【志】そうよ。住民票の世帯ごとに「通知カード」が送付されるわ。
【愛】通知カードには氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバーが記載されるんだ。これとは別に「個人番号カード」というカードが、来年1月以降、申請することで取得できるようになる予定だよ。
【沙】通知カードと個人番号カード…?
【愛】個人番号カードの特徴は2つある。本人の顔写真が掲載されること。そしてICチップが搭載されていること。
【志】マイナンバーには「本人確認」がつきものなの。番号だけでは「なりすまし」の可能性があるでしょ?その点で顔写真入りの個人番号カードは1枚で本人確認もできる便利さがあるわ。これが通知カードだけだと、本人確認には運転免許証などプラスαが必要になるわけ。
【愛】ICチップは電子申告などの電子申請を可能にしたり、自治体の便利な行政サービスを受けることを可能にするんだ。

罰則規定が牙を剥く

【愛】少し話が飛んだけれど、会社が社員のマイナンバーを取得するときは「法律の範囲内で利用目的を特定・明示」しなければいけない、とされているんだ。
【志】法律で定めた目的以外に取得や利用はできないの。そんな大事なマイナンバーだから、「取得」したあとも「保管」や「廃棄」といった問題が続いていくのよ。
【愛】マイナンバーの運用にむけては、情報漏えいや紛失が生じたりしないように、会社は「安全管理措置」と言われる様々な準備を整えなければならないんだ。
【沙】アンゼンカンリソチ?
【志】それを怠り、預かったマイナンバーが漏えいすれば、最大4年以下の懲役または200万円以下の罰金、もしくはその併科という恐ろしい罰則が…   (つづく)


アイ・パートナーズ グループのワンストップサービス

日々の経営で生ずるさまざまな問題の解決のために、アイ・パートナーズでは豊富なサービスメニューをご用意しています。
無料相談はこちらから

バックナンバー(一覧)はこちら
ページの先頭へ