税理士を切り替えるタイミング

古い考えの会計事務所とお付き合いしていませんか?

中小企業を取り巻く経営環境が厳しさを増す中
「事業の成長に必要なアドバイスがほしい」「人事や労務、資金調達など経営に関わる相談をしたい」
といった経営者の方々が増えています。
中小企業にとってそうした相談に乗ってくれる窓口こそ税理士なのですが、
もし、経営相談に応えてくれないようであれば、税理士を変更することも一考です。

今の顧問税理士はどうでしょうか?
税理士を切り替えるタイミングはいろいろありますが、

  • 代替わりによって
    先代を受け継いだ
  • 会計入力に
    手間をかけたくない
  • 新しい事業を
    展開することになった

しかしながら、代替わりをしたとしても新社長のニーズに応えられる会計事務所であれば、わざわざ顧問税理士を変えるまでには至りません。
アイ・パートナーズに相談に来られる経営者の方は、切り替えのタイミングに至るまでに、

  • 専門用語ばかりで話が噛み合わない
  • 担当の税理士が高齢で、IT化が図れない
  • 担当の税理士がころころ変わる
  • 経営パートナーとして親身に考えてくれない
  • 業界や他社がどうなっているのか情報をくれない
  • 経営状態を月次で把握できず、資金繰りに不安
  • 節税のアドバイスがない

……など、ざまざまな不満や問題を抱えていらっしゃることが多いのが現状です。これらを合わせて勘案すると、旧態依然の会計事務所と信頼関係がうまくいかないままお付き合いを続けているという実態が見えてきます。

「お客様ファースト」の税理士法人

現在は、会計ソフトを使って企業側が記帳・仕訳を行う「自計化」を勧める会計事務所が多くなりましたが、自計化は経営状況が把握しやすくなる一方、自社で会計ソフトに打ち込む工数がかかるため、専門知識を習得しなくてはなりませんし、経理の負担も増えてしまいます。逆に会計事務所にとっては工数が減り、業務がラクになるわけです。

本来、自計化のメリットは、その会計データを経営に活かしていくことなのですが、経営に関する相談ができない会計事務所では意味がありません。そうした会計事務所は、今後その役割をAIにとって変わられることになるでしょう。

昨今は、会計ソフトをインストールしなくとも使える「マネーフォワード」などのクラウド会計が登場しています。
クラウド会計はPC環境も問わず、銀行口座やクレジットカードと連動しているため、誰もが簡単に、データを入力する手間を省きながら帳簿を作成することが可能です。

クラウド会計は、お客様に分かりやすく、会計事務所には扱いにくいシステムかもしれませんが、アイ・パートナーズは、そうした「お客様ファースト」のシステムを優先し、そこで効率化を図った分、利益を出すために何をするべきか、経営課題を抽出・共有し、情報を提供。お客様の経営パートナーとして伴走していきます。

法人全体でお客様を徹底サポート

また、同じ会計事務所でも「担当者が変わったために頼れなくなった」「前の担当者に比べて対応が悪くなった」というように、担当顧問が変わったことで信頼関係が崩れるといったケースも見られます。

税理士法人アイ・パートナーズでは、お客様がどのような経営目標を立てているのか、どのようなニーズをお持ちなのかといった、いわば会計データ以外のお客様に関する記録を「顧問先カルテ」として残し、社内で共有。お客様と一担当者との付き合いになりがちな顧問業務を、法人全体で共有・サポートしていくのが私たちのスタンスです。

開業したばかりで経理担当者がいない場合や、医療機関のように治療業務に専念しなくてはならない経営者のために、クラウドのシステム化から会計の実作業、給与計算や勤怠管理、請求業務など、いわゆるバックオフィスをまるまるアウトソーシングする「経理コンシェル」といったメニューもご用意しています。

会計事務所、税理士事務所の変更をお考えの際には、現状、何が問題なのか、どのようにしたいのか、切り替える前にアイ・パートナーズへご相談ください。