新型コロナウイルスに関連するお知らせはこちらからご確認ください

サービス案内

SERVICE

中小企業の皆様の課題を抽出し、
その解決をお手伝いいたします。

経営支援

課題を洗い出し、利益を出すための経営計画をサポート

日々の業務に追われ、経営計画が後回しになっている中小企業の経営者の方々が多くいらっしゃいます。社訓やスローガンはあるけれど、その実現のために具体的にどう行動するかまでは落とし込んでいないのが現状ではないでしょうか? 顧問税理士に「前年度より業績が悪かった」と言われても、それは経営者自身、感覚的に分かっていること。大切なのは、その数字の何が問題で、どう改善するべきなのか、課題を見つけて計画的に克服していくことです。

アイ・パートナーズでは、税務顧問のみならず、経営者が経営者としての力を発揮できる環境をつくることが重要だと考えています。

会社がいま抱えている問題は何か、経営者の将来的なビジョンを実現するためにすべきことは何なのか。意思決定の拠りどころとなる経営計画の策定のための場を提供し、サポートいたします。

経営者とその片腕の方々が、日常の業務から完全に離れ、終日膝を突き詰めてどう会社を導いていくかを考える「将軍の日」。ここで策定した中期経営計画や単年度経営計画をもとに、毎月の経営会議の場で、その進捗管理や新たな課題の把握、改善の効果を検証していきます。

中小企業の約6割〜7割が赤字企業といわれる昨今、私たちアイ・パートナーズは、経営者の悩みや思いを共有し、経営者のビジョン実現をサポートすることこそ、会計事務所の重要な役割だと考えています。

相続・事業承継

相続対策の専門チームが疑問や悩みに応えます

会社の成長とともに訪れるさまざまな経営者の悩み。とくに事業承継や相続対策は、中小企業の抱える深刻な問題として、昨今クローズアップされています。

後継者の育成もさることながら、後継者が決定した後も、経営権の承継に合わせて、所有権(株式)の承継も考えなくてはなりません。そこには当然、贈与税や相続税といった税金が絡んできます。

株式の価値は優良企業であるほど大きくなるため、株式移転に係る税額は多額になり、納税資金の工面に苦労することも。

また、「争族」対策も注目すべき事項です。企業内でも家族間でも、不公平さを感じれば、それまで良好だった人間関係も壊れてしまいかねません。 私たちは、これらを未然に防ぐ対策こそが大切だと考えています。

アイ・パートナーズでは、相続対策の専門チームがお客様の「想い」を汲み取り、現状分析と相続シミュレーションサービスから円満なバトンタッチが出来る方法をご提案します。 さらに、グループ会社と連携し、相続に係る手続き書類の収集代行や、生命保険の活用による納税資金の確保、争族回避のための遺言書作成などもサポートしています。

経理コンシェルジュ

経理事務をシステム化&アウトソーシング

人材不足が深刻化する中、中小企業やスタートアップ企業にとって優秀な経理担当者の確保は非常に難しくなっています。 また、人員の限られる中、本業にこそ人手を割き、経理事務に関わる工数を減らして業務効率化を計りたいという企業も増えています。

アイ・パートナーズの提供する「経理コンシェルジュ」は、そうしたニーズに応え、会計入力や給与計算、勤怠管理、請求業務、債権の回収などのバックオフィス業務を私たちが丸ごと代行。 “丸ごとおまかせ”とはいかないまでも、これまでお客様自身が行っていたバックオフィス業務をITとAIを使って省力化・効率化するサポートも得意です。

サポートにあたり、まずは、これまでのバックオフィス業務に無駄はなかったか?の見直しから始めますので、特定の担当者のやり方でブラックボックス化していた業務がオープンになるという大きなメリットがあります。 経理担当者の急な退職でお困りの方も、ぜひご相談ください。

税務顧問

お客様目線を第一に、経理の手間を一気に削減

私たちアイ・パートナーズがご提供する税務申告や税務相談等のいわゆる税務業務に関しては、他の会計事務所と相違するところはありません。会計帳簿や税務申告書をきちんと作成することは、会計事務所であれば当然のことだからです。

しかし、多くの会計事務所は「自計化」を勧める一方で、お客様自身の経理事務負担の軽減や、経営力向上のためのアドバイスを怠ってきたのではないでしょうか。

アイ・パートナーズでは、クラウド会計の導入を推奨。お客様が時と場所を選ばず、タイムリーに会計データを確認できるだけでなく、AIによる自動仕訳機能により会計業務の省力化をサポートしています。

また、毎月お伺いし、お客様の言語・非言語にこめられた「想い」を受けとめ、お客様の伴走者として、会計データから見える現状把握、今後予測される事象、どの数値がどうなれば改善できるのかといった会計のポイントをご説明します。

アイ・パートナーズは、「お客様満足度の最大化」と「お客様の事業の成長」を理念に掲げ、経営者自ら有効な判断を下せるような会計の提供をめざしています。

医療に特化した連携

専門チームが医業経営の課題を解決

医療費削減や開業医の増加、人材不足など、医療機関を取り巻く環境が厳しさを増すなか、変化の波にのまれることのない経営施策が求められています。

とくに医業経営を支えるのは人的資源管理です。優秀な人材の確保や教育・研修などのスタッフマネジメントは極めて重要であり、雇用主と従業員、あるいは従業員同士の円滑なコミュニケーションが求められます。 また、院長がどういう「想い」で患者に向き合っているのか、医療を通じて何を提供したいと考えているのか、といった従業員の動機付けとなる施策を提示できるかどうかも経営を大きく左右します。

しかし一方、院長は経営者である前に医師として毎日の診療を優先せざるを得ず、経営に関しては、後回しになりがちなのが現状ではないでしょうか。

アイ・パートナーズは、これまで200件を超える医療機関のお客様に携わってきた会計事務所であり、医療機関専門チームを中心に、会計データのみならず、レセプト情報や診療科別の統計なども組み合わせて、忙しい院長でも簡潔に経営状況を把握できるような会計報告を心がけています。 医療機関専門チームがグループ会社と連携し、市場調査や分析による広告戦略、採用やスタッフ教育など多方面から医療経営に必要なサービスを提供しています。